霆鋒くん(謝霆鋒/ニコラス・ツェー)の日々をええ加減な新聞訳と写真でお知らせします。
ap_20070503051047233.jpg
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今頃それはないんじゃない?!
 ドニーさんと古天樂や出演者は『導火線』のプロモーション。その席上でプロデューサーの黄百鳴は、この映画はアクションの得意な人が集まっているので必ずやヒットするだろう、と述べました。その後前作の『龍虎門』のことにふれ「霆鋒と余文樂は見掛け倒しだったからね。でも今回はみな本物のアクション俳優ばかりだから素晴らしいものになっているよ」なんてことを言ってのけました。
 ドニーさんは霆鋒のクンフーは見掛け倒し?と訊かれると「いや、そんなことないよ、彼はよく頑張ったよ。彼の新しい映画の予告編も見たけど悪くないね」。更に、霆鋒と作品を作る気がある?との問には、暫く躊躇ってシナリオによると答え、間もなくパパになる霆鋒にお祝いを述べました。

新浪 TOM

 おいおい、今頃それはないでしょ。最初から彼等二人はアクションは素人と分かってて起用したのに。ひどいなぁ。
スポンサーサイト
こんなことされていい気がする訳ない
 まったく、おもちゃにするのもいい加減にして欲しい。非常に不愉快。

Yahoo!ニュース
どこまで馬鹿にしてんでしょうね(怒)
 昨日の都内での特別試写会はこんなことになってたようです

こちら
ネットのニュースに
 こんな記事があがっていました。なりふり構わず、って感じですね。そしてこの記事にもあがっていますがGyaOにて冒頭の10分を見ることが出来ます。字幕、そして冒頭の10分で霆鋒さん大活躍。ドニーさんは最後になってやっと登場、ショーンくんは影も形もないです(^^;ゞ 。お近くの映画館が吹替えしかやってない方も、これでとにかく10分は字幕版が見られますね。やはり霆鋒の声がいいです。

Yahoo!
前売
 なんやかや文句を言いつつ、お友達のおかげで試写会にいけるにも拘らず、前売りを買ってしまいました。別の方から大阪でもおまけもらえますよ、と聞いたから、ということもあります。その通りにおまけもらえました。しかし公式サイトでは相変わらず星印がついているのは東京の2館だけです。しょ~もないプロもするくらいなら、きちんとした情報を提供して欲しいもんです。
 この映画に愛はありますが、公式サイトやつまらないプロモーションには1mmの愛も有りません。

20070405020850


そしてこいつが...
 そしてこいつがこの人が『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』のクソ馬鹿馬鹿しいプロモーションの仕掛け人です。しっかり見てやってください。

コブスオンライン「宣伝マンガチンコ対談編」
『龍虎門』インタビュー
 こちらで『龍虎門』の霆鋒はじめドニーさん、ショーンくんのインタビューが見られます。香港版のDVDのボーナスディスクに入っているものですが、日本語字幕付で見られるのが嬉しい。

ShowTime(簡単な会員登録が必要)
やはり(-_-;)
 やはり怖れていた通り字幕版での上映は全国で5館だけです。東京や大阪の複数のスクリーンが確保できる上映館が主に字幕版を上映できるようです。その他の地方の方は吹替え版しか見ることが出来ないようです。いったいどうしたらいいのでしょうか!これはもはやファシズムやないでしょうか。
 効果があるかどうか分かりませんが、劇場に問い合わせをしてみてもいいかもしれません。もうでもなんかどうでもいいや、って気になっています。正直ほんまにうんざりです。

公式サイト(むかつくっ!)

お馬鹿なblog:ここに抗議コメント入れるのもいいかも
どこまで馬鹿にしたら気が済むのか
 他のblogやらこんな記事を見て驚きました。そして驚きと怒りのあまり頭の血管切れそうです。

「アンガールズのネタが香港でパクられた!?」

 『かちこみ ドラゴン・タイガー・ゲート』というタイトルだけでもええ加減頭に来てるのに、その後のプロモーション方法もうんざりするようなものばかり、おまけにここに来てこれです。こんなんみてドニーさんどう思いはるでしょう。こんな売り方他の国の映画でもしますか?あまりに香港映画を馬鹿にしていないでしょうか。これで『頭文字D』の時のように吹替え版メインで上映されたりしたら、と考えるともうほんまに居ても立ってもいられません。いったい何考えてるんでしょう。昨今の映画の宣伝ときたら頭が痛くなるようなものばかりです。自分たちが宣伝しているのはいったい何か分かっているんでしょうか。宣伝を担当してる人たちに映画に対する愛やリスペクトはあるんでしょうか。もうほんまに頭に来ています!
やっと上映館発表!
 やる気あんのか~、と散々毒付いてたからでしょうか、やっと公式サイトに上映館がのりました。一応全国ロードショーなんでしょうね、神戸はないけど(-_-;)。
 そして予告編も見られるようになっております。ドニーさんのキャッチコピーの「カンフーナルシスト」に大受けして電脳の前で笑い転げたのは私だけではあるまい(ぷっ)。

公式サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。