霆鋒くん(謝霆鋒/ニコラス・ツェー)の日々をええ加減な新聞訳と写真でお知らせします。
ap_20070503051047233.jpg
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次はJayと共演!
 なかなか次回作の話が聞こえてこなかった霆鋒さんですが、ここにきてビッグニュースです。香港紙によると、台湾の人気スターJayと演技が好評を得ている霆鋒は、英皇電影が二億をかけて製作する『逆戰』で人民の英雄を演じるそうです。2011年のクリスマス時期の公開予定で、さらに韓国の俳優との共演もあるかも、そして映画祭もねらい国際的影帝を目指すとか。
 林超賢監督は2月6日にヨルダンで撮影開始を予定、現在準備段階やそう。霆鋒とJayは兄弟を演じ、国際的な事件を解決し親を捜す(?)ことに。監督は敵役に韓国のチョン・ウソンやイ・ビョンホンの出演を望んでいて現在交渉中。ヒロインの一人は大陸の白冰。二億ドルの投資は今までの香港映画の記録を破り、撮影開始前から期待を集めているそう。
 撮影には数ヶ月を予定し、ヨルダン、中東、シンガポール、ベトナムなどでロケ。オーストラリアも予定していたが今回の水害で断念。ヨルダンでのロケについては既にヨルダン政府に要求や申請済み、軍用機、戦車、ロケット砲などの貸し出しについて関連部門の承認も得ているそう。霆鋒とJayの安全確保のため各々10人のボディガードを派遣する予定、一人1000万ドルの保険をかけたそう。
 監督は「波斯灣之役(湾岸戦争?)」の再現を目論んでおり、1500万香港ドルはそのシーンの撮影に費やされるそうで、監督は興奮しながら「大体来月25日に正式に撮影開始できて、少なくとも9日間撮影する予定だよ。撮影場所はハリウッド大作の『ハート・ロッカー』と同じ所。『ハート・ロッカー』のスタッフ160人がが協力してくれるんだ」と語りました。
 又、監督と霆鋒はフォーシーズンズホテルで密会、それは3時間に及び監督は霆鋒にこの作品の撮影の為に半年は予定を空けておいて欲しいと要請したとか。
 英皇が巨額を香港産映画に投資することは香港映画に「小春日和」をもたらすのではと期待されています。又、すでにカンヌやベネチアで市場動向を探っているそうで、霆鋒とJayも国際俳優に名を連ねるかもしれません。

0117-00282-001b2.jpg
0117-00282-001b1.jpg
 ざっと訳してみましたが間違っているかもです。とにかくなかなか大作みたいなんでうまくいくといいな~。

東方日報 太陽報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。